香川県の“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU - kagawa [タノス香川]
2024.2.4
320 views

【高松】「喫茶コトナミ」でまったり♪手作り焼き菓子をお供にのんびり読書を

高松市朝日新町にある「喫茶コトナミ」 は、ブックカフェとしての側面も持つ喫茶店。甘さ控えめで上品な焼き菓子やプリンなど、手作りのおやつは必食!軽食のにゅうめんなどをお供に、のんびり読書を楽しむのもオススメです。

・心地いいリノベ空間「喫茶コトナミ」

高松市朝日新町にある「喫茶コトナミ」 は、物流倉庫などが多く集まるエリア内で一息つけるスポットとして貴重なお店。ことでんバスのバス停“卸センター”から徒歩で約3分の距離です。すぐそばのうどん店「たも屋 高松本店」の駐車場を利用できるので、車で行く際は覚えておきましょう。

事務所だった建物をリノベーションした店内は、明るく開放的な雰囲気です。「たも屋  高松本店」の昼食ピークタイムが過ぎると駐車場が空きやすいので、その頃に訪れると長居しやすいですよ。ちなみに軽食メニューの『にゅうめん』は、「たも屋 高松本店」の出汁(だし)を使っているので、そちらも注目ポイント。

カウンターに面した席や窓向きの席は、1人でも気兼ねなく利用しやすい雰囲気です。人柄の良い店主とのおしゃべりに花を咲かせながらのカフェタイムも◎。カウンター前の大きな黒板には“今日のおやつ”が記載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。


プリンや焼き菓子などのスイーツメニュー

『プリン』450円

スイーツは、焼き菓子系に加えてプリンやパフェなども取りそろえています。プリンは喫茶店らしいレトロな固めのテクスチャでありつつ、なめらかな舌触りが特徴です。材料はシンプルに卵、牛乳、アイスクリームだけで作られていて、程よい甘さの濃厚テイスト。優しいビター感のカラメルソースもいいバランスです。旬のフレッシュフルーツと一緒にどうぞ。

『お手詰めもなか』250円

「鬼びっくり」や「鬼からし」といった調味料で有名な、綾川町「山清(やませい)」のあんこともなかは店主のお気に入り品。上品な甘さですっきりとした後味が魅力です。小豆本来の風味と、パリッとしたもなかの組み合わせがお茶請けにぴったり。

『おまかせおやつプレート』1,000円

当日カウンターに並んでいる焼き菓子から2〜3種類とフルーツ、ミニパフェを盛り合わせた『おまかせおやつプレート』は、スイーツ好きにはたまらない一品。内容は日替わりなので、毎日来ても飽きません。基本的に店主のおまかせになりますが、プリン1つに焼き菓子2つというリクエストやシェアもOK。

マフィン、パイ、スコーンなど手作りの焼き菓子は、訪れるたびに異なる種類が楽しめます。イチゴやパイナップル、サツマイモなど、旬の素材を使った季節限定品もお見逃しなく。

『チョコとコーヒーのマフィン』350円

『チョコとコーヒーのマフィン』は、生地からコーヒーのビター感が感じられる大人の味。焼き込み用のミルクチョコチップの食感と甘みがアクセントになっています。今までに登場したマフィンのバリエーションは、黒豆や甘栗、キウイなど気になるものがたくさん。

『抹茶とクランベリーのスコーン』350円

『抹茶とクランベリーのスコーン』は、表面はサクッと中はしっとりホロホロ食感のアメリカンスコーン。ほろ苦い抹茶のベース生地に、セミドライのクランベリーが甘さと華やかさをプラス。過去には、ラムレーズン、チョコ、オレンジピールと紅茶などが並んだことも。

『かぼちゃケーキ』400円

秋冬の味覚である『かぼちゃケーキ』は、絶妙な焼き加減でしっとり感と密度の高さに幸福感を感じる一品。カボチャの風味と甘みがとても良く、なめらかな舌触りですぐに溶けてしまうテクスチャは、つい口に運ぶ手が止まらなくなる味わい。

『おまかせおやつプレート』に付くミニパフェはトライフルタイプ。アイスの下にヨーグルトが仕込まれているのでスッキリとした味わいがGOOD。

まったりカフェタイムを楽しむドリンクメニュー

『珈琲』500円

まったりカフェタイムにぴったりのドリンクメニューは、紅茶やレモネード、ブルーベリージュース 、クラフトコーラなど、約10種類をスタンバイ。コーヒーは酸味が少なく、飲みやすいビター感。コーヒー、紅茶の2杯目は、プラス200円で楽しめます。ドリンク類はテイクアウトもできますよ。

『ロイヤルミルクティー』600円

2023年12月から新しく仲間入りした『ロイヤルミルクティー』は、店主こだわりの牛乳に茶葉の奥深い香りがしっかり感じられます。牛乳の風味を損なわないよう、温度に気を遣って丁寧に煮出したミルクティーです。

『さぬきマルベリーティー』500円

『今日のフレグランスティー』は、黒板から当日のフレーバーを選べます。『さぬきマルベリーティー』は高松市にある「西森園」の桑茶(くわちゃ)で、抹茶と緑茶の中間付近に位置するようなクセのない飲みやすさが特徴です。発色の良さにもご注目。『お手詰めもなか』の上品な甘さのあんことも相性ピッタリですよ。



書籍がたくさん!ブックカフェとしても魅力的

店内にはさまざまなジャンルの書籍が置かれています。これらは店主の家族が所有していたもので、自由に読んでOK。二カ月に1回のペースで課題図書の読書会なども行われています。

食器の一部は、鳥取県倉吉市の「福光焼」が使われていて、とても味のあるすてきなものばかり。店内で販売もされているので、気になった人は購入してみては?

『ポストカード』1枚200円

イラストレーターとして活躍する店主の娘さんは、ポストカードなどのグッズや、同店のドリップコーヒーのパッケージも手がけているそう。ちなみにキュートなアニマルキャラクターたちは、それぞれ常連さんをモチーフにしているそうですよ♪

人柄の良い店主と会話しつつお茶したり、のんびり読書したりと、ゆったり思い思いの時間を過ごせる「喫茶コトナミ」へぜひ行ってみて。

■詳細情報

■DATA

喫茶コトナミ

所在地
香川県高松市朝日新町1-9
電話番号
087-880-9192
営業時間
11:00〜18:00

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年12月21日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP