香川県の“楽しい”をチョイスする地域情報サイト TANOSU - kagawa [タノス香川]
2024.1.21
696 views

【高松】エッグタルトのお店「讃岐三白」注目のスイーツをカフェでもテイクアウトでも

高松市民の憩いの場・中央公園の程近く、西側に建つビルの1階は今注目のスイーツ『エッグタルト』を中心に、手土産のお菓子がそろう洋菓子店「讃岐三白(さぬきさんさんぱく)」。2階は店内で作られたスイーツやフードメニューをイートインできる「cafe389(カフェサンパク)」として多くの人が訪れます。

・カフェもお土産も「讃岐三白(さぬきさんぱく)」

香川ならではのお土産やスイーツが並ぶ「讃岐三白」は、ことでん瓦町駅から徒歩15分ほど。街中の喧噪から少し外れた、中央公園近くのビルの1階にあります。2階の「cafe389(カフェサンパク)」では、パティシエによるスイーツやドリンクだけでなく、ランチを味わうこともできます。周辺には市役所や学校などが建ち並び、お昼時はたくさんの人でにぎわっています。

看板商品はサクサクのパイ生地に、卵の風味豊かなクリームが詰まった『エッグタルト』。お土産菓子の製造会社「ツジセイ製菓」が運営していて、中でもパイは長年の研究を重ねた自慢の一品。培ってきた熟練の技を生かし、香川ならではのスイーツを作れないかと考案したのが、オープンのきっかけになったそう。

時間がたってもサクサクなエッグタルトを目指し、試行錯誤してオリジナルのパイ生地を開発。テレビや雑誌でも取り上げられるなど、2021年の開店以来人気のスイーツです。

お店に入ってすぐの1階ではお土産物のお菓子や、テイクアウト用のケーキやプリンが並びます。持ち帰りのみの利用の時はこちらのレジへ。店内には工房が併設されていて、パティシエの手によって次々と生まれるできたてスイーツは眺めているだけでワクワク♪カフェ利用の場合は奥のエレベーターから2階へ進みます。


・2階の「cafe389(カフェサンパク)」で店内製造のスイーツをゆっくりと

2階は黒を基調としたモダンなインテリアで落ち着いた雰囲気。大きな窓からは行き交う人々や、季節によって表情を変える街路樹を眺めることができます。メニューは席にあるので、オーダーが決まれば声をかけて。

壁際の席には絵画が飾られていてまるでギャラリーのよう。3階にある絵本の専門店「アトリエロッタ」のイラストや絵本が置かれています。アートに囲まれながらのんびり食事やカフェタイムを過ごすことができますよ。

・看板スイーツ『エッグタルト』はもう食べた?

『エッグタルト(わさんぼん)』165円

『エッグタルト』の中でも定番『わさんぼん』は同店の1番人気。ヨード卵の卵黄を使ったアパレイユはバニラビーンズなどが入っておらず、シンプルなだけに卵本来のコクを感じます。香川特産の高級砂糖・和三盆の甘みは、1個だけとはいわずもう一つ…とつい手がのびるおいしさ。幅広い年代の人が親しみやすい素朴なお菓子です。

手土産にピッタリな6個入り(990円)は、箱代はなく中身の値段のみで購入OK。賞味期限は冷蔵で3日。オーブントースターで5~10分リベイクするのがオススメです。

また、イートインならではの焼きたてエッグタルトを、ドリンクと一緒にいただけるのも同店の魅力。タルトの種類は定番の『ドゥーブルショコラ』『とろけるチーズソイミートパイ』のほか、期間限定もあるので訪れるたびに楽しみが。いろんな味が食べたい欲ばりさんは、カフェ限定で1/2にカットされた4種のタルトを一度に味わえる『利きタルトプレート』(ドリンク付き800円)はいかが?



・パティシエが作ったスイーツに舌鼓

『番町プリン』430円

てっぺんにのせられたホイップクリームはまるでリーゼントさながら。ボリューム感のあるサイズで、まさに“番長”の風格。お店の所在地でもある“番町”とかけて名付けられた『番町プリン』は、白たまごと和三盆を使った上品な甘さのプリンです。昭和の喫茶店で出てきそうなレトロ感は、写真映えするだけではなく味も安定のおいしさ。ツルンと弾力があるなめらかな舌触りの虜(とりこ)になること間違いなしですよ。テイクアウトもありますが、クリームとさくらんぼがのったスタイルはカフェ限定です。

『カフェモカ』490円

エスプレッソにホイップクリームとチョコレートソースがかけられた『カフェモカ』は、甘さと苦みの両方を楽しめるホットドリンク。身も心も温まるので寒い日にぜひ飲みたい一品です。これだけでも満足感がありますが、スイーツと一緒だとさらに幸せ気分が増しますよ。ケーキやプリンと一緒に頼めば50円引きに。※その他のドリンクでもセット可、スイーツは300円以上の商品で適用

・ランチで味わえる本格的なカレーにも注目

『じっくり煮込んだビーフカレー』600円

11:00~14:00のランチタイムにはフードメニューとしてカレーが登場。定番の『じっくり煮込んだビーフカレー』はホロホロになった牛肉が口の中でほどけるほどやわらかく、スパイスの奥深い味わいを感じながらも、辛みは少なくマイルド。本格的だけどどんな人でも食べやすい味です。

好きなドリンクとの組み合わせで100円引きになるほか、カレーとドリンクにタルトがつく『サンパクセット』は1,000円とお得にいただけるのもうれしいところ。


・香川ならではのお土産がそろう

『讃岐三白オリジナルクッキー缶』(12種)3,240円

“讃岐富士”をモチーフにしたお店のロゴマークが入ったクッキー缶は、エッグタルトと並ぶ人気商品です。12種類のクッキーがたっぷり65枚入っていて、開けた瞬間びっちりと隙間なく詰まったクッキーの美しさに思わずうっとりしてしまいそう。 贈り物に喜ばれること請け合いです。

左上から和三盆、ナッツが入ったココア、フロランタン、キャラメル味の絞りだし、アイシング、和三盆を使ったメレンゲ菓子、アーモンドの絞りだし、ダージリン紅茶、チョコチップ、発酵バターと藻塩、オレンジピール、黒胡椒とチーズ。バラエティーに富んだクッキーのラインアップで飽きることなく楽しめます。説明のしおりを見ながらお気に入りのクッキーを見つけてみて。

おいしいものを食べたら大切な人にもシェアしたくなるもの。カフェでゆったり時間を過ごした後は、1階の物販エリアで手土産を買っていくのもいいですね。かわいいパッケージのお菓子がずらりと並んでいるので、帰省時や県外の友人などに、香川県ならではのお土産を探している人はぜひ手に取ってみて。

店名の由来である「讃岐三白」とは、讃岐の白色をした特産品3つ「砂糖・塩・綿」をまとめて指す言葉で、香川の人なら一度は耳にしたことがあるはず。そんな地元に愛され、地元を盛り上げるお店になりたいという思いが込められています。

贈られる人の笑顔が浮かぶような「讃岐三白」のお菓子を手土産に、話に花を咲かせてみては?

■詳細情報

■DATA

讃岐三白(さぬきさんぱく)

所在地
香川県高松市番町1-10-51
電話番号
087-880-7200
営業時間
11:00~18:00(L.O.17:30)

本記事はライターが取材・校正を行った上で作成した記事です。内容は2023年11月27日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお気に入りに保存する
TOP